↑

輪島(1948-)

現在はタレントとして活躍中の輪島は昭和23年(1948)1月11日、石川県七尾市に生まれました。

中学の相撲県大会で優勝したのをはじめ高校・大学の相撲部でも活躍。特に昭和43年・44年には連続学生横綱になりました。翌年大相撲初場所で幕下付け出しでデビュー。どんどん昇進して秋場所には早くも入幕、昭和47年の初場所で小結、春場所で関脇、夏場所で初優勝して、九州場所で大関。そして翌年夏場所で全勝優勝して第54代横綱に昇進しました。ものすごいスピード出世です。

「黄金の左」といわれ左下手を取れば、もうその後は相手に全く相撲を取らせない強烈な強さでした。北の湖とならび「大鵬・柏戸時代」に続く「輪島・北の湖時代」を演出しました。

彼は北の湖ほど大きな力士ではないため、どうしても怪我に泣かされました。そして何度も引退の危機があり、かなりの休場をしていますが、休場明けにはいきなり優勝してみたりして「復活の王者」ともいわれました。優勝回数は14回。

昭和56年3月に引退し、定年を間近に控えていた師匠から名門花籠部屋を継承しますが、夫人の自殺未遂事件に加えて、実妹が経営するちゃんこ料理店の担保に親方株を入れていたことが発覚。相撲界から追放されました。

その後はプロレス、アメリカンフットボール、など色々なことをしていましたが、とんねるずの番組でタレントとしての才能を開花させ、現在に至ります。

なお輪島というのは出身地が輪島塗の本拠地・能登半島だからではなく本名であり、彼は実は本名で横綱を務めた最初の力士ということになります。横綱としての通算成績 466勝142敗。


(2001-01-10)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから