return

アポリネール

1880年8月26日、「ミラボー橋」などで知られる詩人アポリネールがイタリアのローマで生まれました。

主としてフランスで活動したため一般にはフランス風にGuillaume Apollinaireと呼ばれていますが、実際はポーランド系の人で本名は Wilhelm Apollinaris de Kostrowitzky といったそうです。(実はこの本名も不確実。彼の前半生は、どうもよく分からないようです)

3人兄弟の長男。ローマからモナコ、ニースと移りながら学校を出た後1900年にパリに出てきて銀行関係の仕事についたようです。仕事の傍ら文学活動を行い、やがて1905年、パブロ・ピカソと知り合います。

このあとピカソのアトリエ「洗濯船」で多くの芸術家と交流することになるのですが、中でも重要なのが1907年、このアトリエにやってきた画家マリー・ローランサンでした。

この時ローランサンは22歳、アポリネールは27歳。二人は運命的な恋をします。まだ画家として自立していなかったローランサンをアポリネールは励まし、助言し、精神面から芸術家としての力を開眼させていきました。この恋は6年間続きました。

しかしローランサンはやがて「洗濯船」のメンバーたちが熱心に描いていたキュビズムの絵に違和感を覚えるようになります。更には恋愛期間が長くなって、アポリネールとの関係もマンネリ化してきつつありました。そんな最中、ひとつの事件が起きます。

1911年8月22日ルーブル美術館から名画「モナリザ」が盗まれるという事件が起きたのですが、その捜査が行われていた中で、アポリネールの秘書をしていた男がルーブル美術館から彫像を盗み出して売り飛ばしていたということが発覚します。このため、この男はモナリザに関しても知らないかということを警察から徹底的に追求され、アポリネールについても、男の仲間なのではないかと疑われ、長期間警察に勾留される羽目になりました。

結局、男はモナリザ事件には関与しておらず、アポリネールは全くの無実だったのですが、この事件をきっかけにローランサンは彼への恋が完全に覚めてしまいました。そして彼が警察から戻ってくると同時に訣別を宣言します。

-------------------------------------------------

アポリネールの「ミラボー橋」は1913年の作品。これはセーヌ川にかかる鉄製の橋の名前です。

  Le pont Mirabeau            ミラボー橋

Sous le pont Mirabeau coule la Seine.  ミラボー橋の下をセーヌは流れる Et nos amours              そして私たちの愛も Faut-il qu'il m'en souvienne       思い出さねばならないのか? La joie venait toujours apres la peine  悲しみの後に必ず喜びが来たことを

Vienne la nuit sonne l'heure       夜が来て、鐘が鳴り Les jours s'en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。

Les mains dans les mains         手に手を取り restons face a face         顔に顔を合わせ Tandis que sous le Pont         私たちの腕が作る橋の下を de nos bras passe          永遠の微笑みが流れる間に Des eternels regards l'onde si lasse   水は疲れていった

Vienne la nuit sonne l'heure       夜が来て、鐘が鳴り Les jours s'en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。

L'amour s'en va comme cette eau courante 愛は流れ行く水のように去っていく L'amour s'en va comme la vie est lente  愛は人生は遅すぎるかのように Et comme l'Esperance est violente    そして望みは無理であるかのように                      去っていく

Vienne la nuit sonne l'heure       夜が来て、鐘が鳴り Les jours s'en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。

Passent les jours et passent les semaines日々が去り、週が去って行くのに Ni temps passe              時は去らず Ni les amours reviennent         愛は戻らない Sous le pont Mirabeau coule la Seine   ミラボー橋の下をセーヌは流れる

Vienne la nuit sonne l'heure       夜が来て、鐘が鳴り Les jours s'en vont je demeure.     日々は去り、我は一人。

句読点を使わないという画期的な手法を使った作品集「アルコール」の特徴がこの詩にも出ています。

さて、この別れをきっかけにしてローランサンは精神的にも技術的にも画家として一人立ちしてしまいました。

しかしアポリネールはどうしても彼女のことを忘れることができず、終生、彼女を慕い続けました。そしてこの別れから5年後、彼はスペイン風邪のため38歳の若さで死去しますが、その枕元にはローランサンが描いた名作「アポリネールと友人達」が架けられていました。


return

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから
Dropped down from 今日は何の日.