↑

ドラえもん(2112-)

2112年9月3日はドラえもんの誕生日です。

『ドラえもん』は藤子不二雄(藤本弘&安孫子素雄)の最大のヒット作(*1)で、ドラえもんはその登場人物です。このマンガの基本設定は次のようになっています。

野比のび太は何をやっても失敗ばかりで、多額の借金を作り、その曾孫のセワシの代になってもその借金がまだ全部返せず苦労していた。そこでセワシはのび太の人生を変えてそれほど大きな失敗をしないようにする為、ネコ型ロボットのドラえもんをタイムマシンで過去の世界に送り込むことにした。

主な登場人物は藤子不二雄の出世作『おばけのQ太郎』のパターンを踏襲し、次のようになっています。

野比のび太8月7日生。主人公。どじで頭もよくないが、あやとりと拳銃の腕は天才的。
源しずか5月生。ちょっとわがままな女の子で近所のアイドル。いつもお風呂に入っている。
剛田武(ジャイアン)6月生。近所の大将。乱暴者だが勇気もある。歌が大好きだが超音痴。妹のジャイ子はマンガ家志望。
骨川スネ夫2月生。金持ちの息子でやや鼻持ちならないが気の弱い男の子。

この4人とドラえもんの5人による色々な騒動と顛末が、この物語の基本パターンです。

『おばけのQ太郎』などの先行作と比較すると、次のようになります。

  Q太郎   パーマン キテレツ  バケルくん ドラえもん正太    みつ夫  キテレツ  カワル   のび太よっちゃん みち子  みよ子   ユミ    しずかゴジラ   カバ夫  ブタゴリラ ゴン太   ジャイアン木佐    サブ   トンガリ  ?     スネ夫

子供の組み合わせは伝統的藤子不二雄パターンでも、その性格付けは『おばけのQ太郎』時代からはかなり進化しています。『おばけのQ太郎』の登場人物がどちらかというとステレオタイプ的であったのに対して、『ドラえもん』では各々がもっと全人格的に描かれていて、誰もが困ったちゃんにもなれば誰もが解決者になります。ドラえもんにしても基本的にはみんなをたすける立場ですが、ドラえもんが最大の問題者になることもあります。

『ドラえもん』のひとつの魅力は、ドラえもんが毎回出してくる未来の道具です。これが問題を解決したり、逆に複雑化します。登場頻度の高いものとしては次のようなものがあります。

さて、最後にこのドラえもん本人について述べておきましょう。 6巻最後のところの話は本当にドラえもんが打ち切り決定し、雑誌でも次号から新連載、ということになっていたのですが、どうしてもドラえもんを越えるアイデアが出てこずに、作者藤子不二雄氏の嘆願により、急遽復活・継続になったものです。その後更にドラえもんは20年間続くことになります。

それからドラえもんの身長は当時の小学四年生の平均身長から取ったもので、ここから誕生日の数字も出てきています。

(*1)ドラえもんは当初藤子不二雄の名前で発表されましたが、コンビ解消の際、藤本弘氏(藤子F不二雄)に著作権があるものとされています。

(*2)藤本氏が亡くなった後はドラえもんは藤子プロの萩原伸一氏が藤本氏の遺言に基づき描き続けています。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから