return

絵島生島事件(1714)

門限に遅れると死刑になるかも。

これはそういう怖〜いお話しです。

正徳4年(1714)1月12日。少年将軍家継の時代です。

将軍・徳川家継は数え6歳。実際に政治を動かしていたのは、将軍の補佐役・新井白石ですが、彼は老中の肩書きは持たず、幕閣には大老井伊直興・老中秋元喬知らが名を連ね、また側用人間部詮房が権力を振るっていました。どうもどこが幕府の中心なのか訳が分からない時代です。

この日、大奥の年寄役(といっても当時30歳くらい)絵島はお仕えしている月光院(将軍家継の生母)の名代で、何人もの奥女中を連れ、前将軍家宣のお墓参りに芝の増上寺に行き、その帰り、懇意の呉服商後藤縫殿助の誘いで山村座の美男俳優生島新五郎の舞台を見ました。

そして舞台がはねた後、絵島一行は生島たちを呼び、茶屋で宴会を開きます。ところが、宴会に夢中になりすぎて、絵島一行は大奥の門限に遅れてしまい、江戸城の中奥と大奥を仕切る扉の前で立ち往生する羽目になるのです。

絵島:私は絵島であるぞ。通しなさい。係 :いえ、たとえどなたでも時間を過ぎたら通せません。

こんな押し問答をやっている内に、このことは江戸城内全てに知れ渡ることになり、さすがの絵島も何らかの処分を覚悟せざるを得ない状況になってしまうわけですが、それがとんでもないことになってしまいました。

当時、大奥内には、前将軍家宣の正室・天英院を中心とする勢力と絵島が仕える将軍の生母月光院を中心とする勢力がありました。また天英院は老中・秋元喬知に親しく、月光院は側用人・間部詮房や補佐役・新井白石らに近い状況にあります。この事件は天英院や老中秋元らにとっては、勢力を挽回する絶好のチャンスと映りました。

関係者が徹底的に調べられ、規律がゆるんでいた大奥の状況が次々と明らかにされます。関連して色々な問題が出てきた結果、処分者はなんと千数百名にも達してしまいました。巻き添えを食って山村座は廃絶され、生島は三宅島に遠島になってしまいます。ほか数名の役者が遠島になっています。またこれを機会に江戸のあちこちにあった芝居小屋が全て浅草聖天町(猿若町)に移転を命じられました。

そして絵島自身はなんと死罪。絵島の兄の白井平右衛門も妹の監督責任を問われて切腹ということになりますが、月光院の嘆願により、絵島本人については、罪一等を減じて、高遠藩お預けとなりました。

なお、この事件を題材にした芝居では、絵島が生島を呉服を入れる箱に隠して大奥に連れ込み、情事をしていた、などとされますが、これはあくまで創作であり、事実ではないというのが大方の見方のようです。

なお、これで一矢報いたと思っていた老中秋元喬知ですが、本人がこの年8月にあっけなく亡くなってしまいます。しかしこの事件のあと大奥では天英院の勢力の方が優勢となり、翌年、将軍家継が亡くなると、この天英院が強く推した紀伊の徳川吉宗が次の将軍となります。

吉宗は将軍に就任するとすぐに、月光院派とみた間部詮房や新井白石らを即罷免。また大奥にも大整理を掛けて、大奥の人員は半減したといいます。

また吉宗は享保7年(1722)この事件の処罰者に対する恩赦を行い、中心人物の絵島以外は全員赦免されて、生島も江戸に戻ったといいますが、その後も芝居を続けたのかどうかは定かではありません。


return

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから
Dropped down from 今日は何の日.