↑

小石川養生所開設(1722)

享保7年(1722)12月4日、江戸小石川の薬草園に小石川養生所が設けられ、無料で庶民の病気治療にあたりました。

この画期的な福祉施設は小石川伝通院の医師・小川笙船の目安箱への投書から実現しました。八代将軍・徳川吉宗は享保の改革を進める中で庶民の声を吸い上げる必要があると考え、目安箱を設置していました。

目安箱は鍵を掛けて評定所の門前に置かれ、将軍への意見・要望がある者は署名の上ここに投じます。そしてこの箱は未開封のまま将軍のもとに運ばれ、吉宗が直接見るシステムになっていました。

小川笙船が訴えたのは貧しい者が病気を治すための療養所を作って欲しいというもので、訴状を読んだ吉宗は腹心である町奉行・大岡忠相に命じて小川笙船と面談・調査を実施。そしてこの日薬草園に建てられた養生所がオープン。診療が始まりました。

最初の内こそ、実験台にされるのでは?とか、無宿者と同じ扱いは嫌だとかいってなかなか一般の人が入ってこなかったものの、次第に誤解は解消されていき、賑わうようになりました。この診療所の様子は山本周五郎の小説『赤ひげ診療譚』でも知られています。

現在、小石川養生所のあった場所(小石川植物園)には、その井戸だけが残っています。そしてその隣には旧・東京医学校の建物が建っています。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから