↑

室戸台風(1934)

昭和9年(1934)9月20日から21にかけて日本列島(特に西日本)を超強烈な台風『室戸台風』が襲い、空前の被害をもたらしました。

特にこの時室戸岬では瞬間最大風速84.5m/sを記録した所で風速計が壊れてしまい、計測不能になりました。この数字は現在でも日本気象観測史上最高記録のままです。

(1993年の台風13号でも最大瞬間風速は種子島で記録した59.1m/s)

この強い風で高圧線の電柱がみな折れ曲がり、船が陸に押し上げられ、家がまるごと吹き飛ばされました。死者2702名、行方不明者334名、負傷者14994名、全壊家屋3万8771戸、半壊家屋4万9275戸、流失家屋4300戸、浸水家屋40万1157戸、被害船舶2万7594隻、昭和以降で伊勢湾台風に次ぐ2番目の被害の大きさです。なお昭和以降の五大台風を以下にあげます。

伊勢湾台風   1959.9.26-27 死者4697 不明者 401 負傷者38921室戸台風   1934.9.20-21 死者2702 不明者 334 負傷者14994枕崎台風   1945.9.17-18 死者2473 不明者1283 負傷者 2452キャサリン台風 1947.9.14-15 死者1077 不明者 853 負傷者 1547洞爺丸台風   1954.9.25-27 死者1361 不明者 400 負傷者 1601

なお、1993年の台風13号の死者・不明者は合わせて48名です。近年はやはり気象予測の精度が上がったのと、避難体制の整備で、以前のようなとんでもない被害は出なくなってきたようです。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから