return

白瀬中尉南極探検(1912)

明治45年(1912)1月28日、白瀬矗陸軍中尉が南緯80度の地点に到達しました。

白瀬中尉は当初北極点到達を目指していましたが、計画中にペアリーが北極点に到達(1909)してしまったため、目標を南極に切り替えました。

一行27名は明治43年11月29日に開南丸で東京芝浦を出航。何度か流氷とブリザードに阻まれながら、1年2ヶ月をかけてここまで到達します。しかしついにこれ以上の南進を断念。白瀬以下5名の突進隊が南緯80度5分の地点に日の丸を立てて、そこを大和雪原(やまとゆきはら)と命名しました。

『一歩を進むあたわず。進まんか、死せんのみ。使命は死よりも重し』

当時南極到達を目指していたのは3隊。ノルウェーのアムンゼン、イギリスのスコット、そして日本の白瀬です。白瀬が南進を断念した時、約1月前にアムンゼンが南極点に到達しており、ほんの10日前には2番手のスコットが南極点に到達していました。

白瀬中尉はそういう訳で南極一番乗りは果たすことができませんでした。しかしこの2ヶ月後にはそのスコット隊が帰路遭難しており、白瀬中尉の決断は結果的には大変素晴らしいものであったといえるでしょう。

なお白瀬中尉はこの南極探検の費用の借金を返すため、このあと一生苦労したといいます(国会は白瀬中尉に10万円の経済的支援を約束していましたが、実際には1円も支払われませんでした)。

現在南極には彼の名前をとった白瀬海岸、彼らの乗った船の名前をとった開南湾などといった地名が残されています。

そしてそれからちょうど45年後1957年の1月29日にはオングル島に昭和基地が建設され、また色々なドラマが繰り広げられます。この1月29日が「南極の日」になっています。


return Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから