↑

洋装の勧め(1887)

明治20年(1887年)1月17日、皇后陛下の御名前で「婦女服制の事」という御思召書が、宮内庁より大臣や華族などに向けて出されました。

内容をかいつまんで書くと、下記のようなものです。

 女性の服装は古代においてきちんと定めのあるものであった。孝徳天皇、持統天皇、元正天皇、聖武天皇などの時に規則が出されたりしているが、当時の服装というのは「衣と裳」の構成であった。ところが南北朝の頃から服装が乱れてきて、裳を付けない習慣が広まり、その代わり衣の丈を長くして、足が見えないように対処してきた。しかし裳が無いのはやはりおかしい。今西洋の女性の服を見ると、ちゃんと衣と裳を付けている。これは本朝の旧制のようであり、きちんとしたものだ。この服装であれば女性が行動したりする時に服が乱れにくくて実用的であるので、ぜひこれにならい、日本でもこの方式の服を作るようにしよう。国産の西洋服ができれば、それは美術の進歩、商工の発展にも寄与することである。

ものすごい屁理屈のようにも見えますが(^^) 西洋式の服装というのは当時の人たちにとって、男性服も女性服もまさに「ハイカラ」で素敵なものに見えたでしょうし、上流階級の人たちの社交用の服や、学生の服装などとしても、どんどん広まっていったようです。

元々明治天皇が和服より洋服が似合ったので、それにあわせて洋服推進が行われたという説もありますが、やはり明治政府の基本的な方針として、「西洋の文化レベルに追いつく」という大きな目標があり、そのためには服装という基本的な文化習慣を西洋化することは課題であったでしょう。

この時期の政府の政策の影響で男性が多い企業の職場などでも洋装が多くなりますが、まだ当時は職場では洋服を着ても、自宅では和服を着るという人が多かったといわれます。

大正時代になると「モボ」「モガ」たちが洋服を普段に着て歩くようになりますが戦争の影響で、モンペが強制され、洋服ファッションはなりを潜めることになります。

自宅でも洋服中心になっていくのは、やはり戦後のことです。

それはアメリカから大量に安い洋服が輸入されたことに加え、モンペに対する強い国民の反感が起爆剤となりました。


(2008-01-16)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから