↑

大仏の日(4.9)

4月9日は大仏の日。奈良の大仏が天平勝宝4年(752)のこの日できたことを記念するものです。

この奈良東大寺の大仏の高さは16m。聖武天皇と光明皇后の時代、当時の技術の粋を集めて作られた巨大な金銅仏です。

膨大な金(きん)が必要でしたが、計画中に偶然東北地方で優良な金鉱が発見されました。また、皇室の祖先神を祭る大分・宇佐八幡に関わる渡来人集団が現代でも難しいほどの高度な技術を提供してくれました。

しかし、新しいお寺を作り新しい大仏を作るということに対しては既存寺院が猛反発していました。悪質な妨害で計画はなかなか進みませんでしたが、当時庶民に人気絶大であった行基菩薩が大仏建立の責任者を引き受けると、あちこちから援助の手が差し伸ばされ、無事完成にこぎつけました。膨大な国家予算が投入され、9年の歳月が掛かっていました。

この大仏の完成は、国家として仏教を篤く敬うという方針を広く国民に浸透させました。またこの縁で宇佐八幡は以後奈良の大仏の守護神となり、逆に宇佐八幡には大菩薩の号が与えられます。これは日本の神仏混淆の出発点でもあります。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから