return

三億円事件(1968)

この事件の真相は1000年代が終わろうとしている今もまだ謎のままです。

1968年(昭和43年)12月10日9時25分頃、東京府中刑務所横の、北側外塀監視所のそばで、東芝府中工場の従業員のボーナス、2億9430万7500円の現金をのせた、日本信託銀行国分寺支店の現金輸送車(セドリック)が白バイの警官に停止を命じられました。

警官は「現金輸送車に爆弾が仕掛けられたという電話があったので調べます」と言って、乗っていた銀行の係員4人を降ろし、車の下に潜り込みます。しばらくのち警官は慌てて出てきて「爆発する。危険だから下がって」と叫びます。車の前の方から赤い炎が吹き出すのが見えました。

4人が刑務所の壁のあたりまで下がると、警官は運転席に乗り込み、車をスタートさせました。4人は車を安全な所へ移動させるのかと思って眺めていましたが、車はそのまま走り去り、見えなくなってしまいました。その時4人は初めてこれが何か自分たちが思っていたこととは違うことに気が付きました。

一人が、すぐそばの刑務所監視所に向かって「現金輸送車が盗まれた!」と叫び、それを聞いた刑務所職員が110番通報。警視庁はただちに緊急配備を敷きましたが、事件から1時間後、問題のセドリックは約2.5km離れた場所で発見されました。

その後、目撃者の情報から犯人が白いカローラに乗り換えたことが分かり、警察はこのカローラを探しましたが、数日後、これも乗り捨てられているのを発見されました。犯人は結局セドリックからカローラ、そしてその後の逃走用の車と10分単位程度で乗り継いで逃げていたのです。その後犯人の行方はようとして知れず、そのまま7年後時効になってしまいました。

犯人が使用した白バイに見せたバイク、逃走に使用したカローラはいづれも盗難車でした。当初バイクを白バイに見えるように塗装するのは、専門的な技術が必要なのではないかと、自動車塗装関係者がかなり調べられましたが、その後実際の塗装技術は素人の腕であったことが分析の結果明らかになりました。(なお、犯人が見せた炎は発煙筒を焚いたものでした)

現金輸送のスケジュールをよく知っていたことから銀行の関係者、オートバイ・車をたくみに操り現場付近の地理に精通していたことからその付近のカーマニア、などなど実に多くの人々が取り調べられましたが、犯人の見当は全く付きませんでした。

数年後に1度だけ、一人の青年が別件(マンホールのふたを盗んだ容疑)で逮捕され取り調べられ、マスコミが騒然となったこともありますが、結局彼は無実でした。

当時、この事件が世に与えた衝撃は激しいものでした。その大胆かつ巧みな手口も素晴らしいものでしたが、当時3億円というのは、まさにとてつもないお金でした。この事件の数年前に有名な「吉展ちゃん誘拐事件」が起きた時、犯人が要求した金額は50万円です。

この盗まれた現金は新札であったため、番号が控えられていました。警察はそのナンバーの紙幣が出てきたらそこから何とかたどろうと待っていましたが、結局この番号は1枚も出てきませんでした。つまり犯人は盗んだ3億円を全く使わなかったことになります。

この事件は強盗ではなく、窃盗になります。

ナイフでも突きつけて「金を出せ」と脅して奪ったのなら、奪った金額がたとえ100円でも強盗になって罪は重いですが、この事件の犯人は銀行員の虚を突いて現金を奪っていったわけで、何らの危害も加えていませんので、強盗よりずっと罪の軽い窃盗になります。

犯人は白バイのヘルメットをかぶっていたため、その容貌もよくわかりませんでした。この事件から7年間、全国の交番やお風呂屋さんに、ヘルメットをかぶったモンタージュ写真が張り出されていました。(この頃はお風呂屋さんが最も多くの人の目に触れる場所でした)この事件は「モンタージュ」という言葉と「カローラ」という車を有名にしました。

警察の必死の捜査にも関わらず犯人が全く浮かんでこないため、巷では色々と無責任な犯人像の想像も行われました。曰く、左翼の過激派が資金作りのためにやったのではないか。曰く、売れない推理作家が自分の考えたトリックが可能かどうか実験したのではないか。これを題材にしたテレビドラマや推理小説も多数発表されていますが、実際の犯人はそういったドラマや小説の中の犯人よりずっと賢く行動したようです。

この事件は昭和の事件史の中で最大のミステリーのひとつとして残されることになりました。


(1999.12.09)

return

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから