↑

アンパンマン初登場(1969)

やなせたかし(1919生)は1969年のPHPの1〜12月号に短編童話集『こどもの絵本』を連載しましたが、1968年10月1日発行の10月号に初めてアンパンマンが登場しました。この第一作は後に「十二の真珠」という童話集に収録されています。これをもってアンパンマンの誕生日を10月1日とする説もあるのですが、一応現在は、やなせたかし氏自身の誕生日2月6日をアンパンマンの誕生日とする方が有力となっているようです。

この第一作のアンパンマンは現在のアンパンマンとはまるで違い、人型で大きなおなかをしていて、腹を空かせている人を見ると、現在のように顔のアンパンをちぎって食べさせるのではなく、おなかの中からアンパンを取り出して食べさせるという設定でした。その後1973年の「あんぱんまん」1975〜1976の「怪傑アンパンマン」を経て、1975年11月に「それいけ! アンパンマン」が登場。1977〜1978年にはショクパンマン、カレーパンマン、そしてバイキンマンが次々に登場してやがて読売新聞の日曜版で英語対訳の連載が始まると、一気に人気は高まりました。アニメは1988年から始まっています。第一作が出てから20年近くたって始まったというのも異色ですが、それから16年アニメが続いていてこちらも長寿番組になってきました。

アンパンマンのそもそものイメージは戦中や戦後まもない頃、たくさんいたおなかを空かせた子供達を救うヒーローというものだったそうです。しかし高度経済成長の結果、欠食児童などということばもほとんど死語となり、そのためバイキンマンという平和を乱す存在を作らざるを得なくなったのだといいます。

主な登場人物

■アンパンマンジャムおじさんがアンパンを焼いている時に煙突に流れ星が落ちてきて誕生。顔がアンパンで出来ている。おなかを空かせている人には顔をちぎって食べさせる。あまりちぎりすぎたり、顔が汚れると力で出なくなるのでジャムおじさんが新しい顔を焼いて交換する。

■ジャムおじさん パン工場の主。パンだけでなく色々なメカも作る。■ショクパンマン 顔が食パンで出来ている。トースター山生まれ?■カレーパンマン 顔がカレーパンで出来ている。ジャムおじさんが作った。■バタコ     ジャムおじさんの助手■チーズ     パン工場に住んでいる犬だが、車の運転とかもできるようだ。■クリームパンダ カスタードの国からやってきた。顔がクリームパン。■メロンパンナ  愛の花の蜜を使ってジャムおじさんが作った。

■ロールパンナメロンパンナがお姉さんが欲しいというので作ったもの。メロンパンナより後から生まれたがこの経緯により、こちらが姉ということになっている。まごころ草のエキスを使ったのだが、パイキンマンがバイキン草のエキスを混ぜてしまったため、良い心と悪い心の双方を持っていつも葛藤している。パワーではこの物語の中でおそらく最強。

■バイキンマンバイキン城に住むアンパンマンの対抗者。いろいろイタヅラをしてはみんなを困らせるが最後はアンバンマンに必ずやられる。

■ドキンちゃんバイキン城に住んでいるが、別にバイキンマンの妹というわけではない。ショクパンマンのことが好き。少々わがままで、多くの事件で問題の発端を作る。

■ホラーマンドキンちゃんのことが好き。しかしバイキンマンたちの味方という訳でもなく物語によってはアンパンマンたちと行動を共にしていることもある。

■ナガネギマン   時々登場するヒーロー型キャラ。普段はネギーおじさん。■焼きそばパンマン 同じく。妹は焼きそばカス。■かつぶしマン   おさむらいさん風のヒーロー。■ニガウリマン   メキシコっぽい雰囲気のヒーロー。■ハンバーガーキッド カウボーイ風のヒーロー

■ドンブリマントリオ天丼マン・カツ丼マン・釜飯どんの3人。セミレギュラー格の中ではかなり登場率の高い部類に入る。天丼・カツ丼と来て、なぜ釜飯丼などと強引なところに行くのかは不明。普通なら、牛丼か親子丼に行きそうな気がするのだが。。。。なお、牛丼マンというのは出てきたことがあるらしいが、親子丼マンがいるかどうかは分からなかった。


(2004-10-01)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから