↑

新両国国技館の落成式(1985)

1985年1月9日(水)、前年11月に完成したばかりの新両国国技館の落成式が行われました。(この年の初場所の初日は13日で昭和天皇がおいでになり天覧相撲となっています。9日を初場所初日と書いている文献が見受けられますが水曜日に初日を行うことはありません)

落成式では横綱の土俵入りの後、東西横綱(千代の富士・北の湖)による三段構えの儀式が執り行われました。これはとても神聖な儀式であり、ふだんはなかなか見ることのできないものです。北の湖はこの場所で引退してしまったので、最後の三段構えになりました。その後、貴乃花と曙による三段構えが2度行われたことがあります。

なお、この初場所、北の湖からバトンを渡された形になった千代の富士は15勝全勝優勝をして、新時代の幕開けを予感させました。

国技館は戦前は両国にあったものの戦後そこが使えなくなり、やむを得ず近隣の蔵前に国技館を造り、長く使用されていました。しかし元々の地である両国に戻りたいという声は根強く、1980年代になってから計画が具体化。3年の月日を掛けて完成しました。

旧両国国技館は1909年に完成したものですが行くたびか失われています。なお同じ両国でも現在地とは異なる場所です。

1909.05 初代国技館完成。(当時は常設館と呼ばれた)1917.11 火事のため焼失1920.01 再建1923.09 関東大震災により焼失1924.夏 再建1944.02 軍に接収される1945.03 東京大空襲で焼失1945.10 GHQに接収される1946.09 GHQにより再建。「メモリアルホール」と命名。1949.10 蔵前国技館の建設開始(翌年から建設中の建物で本場所を行う)1952.04 旧両国国技館が民間に払い下げられスポーツ施設として利用される1954.09 蔵前国技館完成1958.06 旧両国国技館を日大が取得し「日大講堂」となる。1983年 日大講堂解体(現・両国シティコア)1985.01 新両国国技館落成式


(2008-01-08)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから