↑

玄倉川水難事故(1999)

1999年8月14日、神奈川県山北町で、玄倉川の中州にキャンプしていた13名が豪雨の川に流され死亡する事故が発生しました。

事故にあったのはある会社の社員とその家族(婚約者を含む)の一行でしたが、元々危険な川の中州でキャンプしていたこと、雨が降ってきて他のキャンプ客はみな避難したのに、このグループだけ避難しなかったこと。警察などが再三の避難勧告をしたにも関わらずそれを無視したこと、そして何よりもこの一行が水に流されてしまう瞬間がテレビ映像を通じて全国にリアルタイムで放映されたことが、国民に強いインパクトを与えました。

そもそも川の中州でキャンプすること自体が危険なことなのですが、当時は熱帯低気圧が接近し、激しい雨が降っていました。

そんな中、前日13日にはここにかなりのキャンプ客がテントを張っていたのですが、雨が強くなってきたことから、ダムの職員がキャンプ客に避難するよう警告。ほとんどのキャンプ客はこの警告に従って中州から退居しました。

グループは25名でした。このうち4人は元々日帰りの予定で来ていたので19時ころ退居します。またダム職員が自分達では無理と判断し警察に連絡したので21時頃に警察が到着して強く警告。これに応じて3名が自主的に退居しました。警察はその後も更に警告をしますが、残る18名はそれを無視し続けました。

14日も朝から警察や、同じグループで避難していた社員らが避難を促しますが反応無し。しかし午前8時半頃、雨風は益々強くなり、水深が80cmほどになった時点でいよいよ中州に残っていた18名も事態がただならぬものであることを認識したのではないかと思われます。しかしここまで水深ができると、もう自力での待避は不可能になっていました。

レスキュー隊員らがロープを渡したりして救助を試みますが、激しい水流に阻まれて近づくことができませんでした。この頃テレビ局のカメラも到着。現場の様子を逐次全国に流しはじめます。

テントもとうに流され、おとなたちは子供を抱き上げ、途方にくれて激しい川の流れに中になんとか立ち尽くしていました。そして、

11時38分、水深が2mに達し、18名はほとんど一瞬にして水流に呑み込まれてしまいました。

この時、小さな子供を抱いていた男性が、その子を思いっきり岸に向かって投げますと、岸にいた別グループのキャンプ客がその子を危険を侵しながらもキャッチ。しかし投げた男性はそのまま流されてしまいました。

また他にグループのうち4名が奇跡的に向こう岸に流れ着くことができました。

しかし残る13名はあっという間に下流に流されていきました。

これらの一部始終が全国に放映され続けました。

警察・消防・自衛隊が下流を懸命に捜索しましたが、13名(大人9名子供4名)は8月29日までに全員遺体で発見されました。

無謀なキャンプ。そして再三にわたって無視した警告。

なぜ彼らはそのような愚かな行為をしたのでしょうか。多くの国民の胸にそのような思いがよぎりました。

自然を甘く見るものは相応の報いを受けることになります。特に自分が守るべき子供のいる人は、なおさらその事を肝に銘ずべきでしょう。


(2010-08-13)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから