↑

『楢山節考』がカンヌでグランプリ(1983)

1983年5月19日、今村昌平監督の『楢山節考』が第36回カンヌ映画祭のグランプリを受賞しました。今村監督は1997年の『うなぎ』で2度目のグランプリ受賞となりましたが、カンヌ映画祭のグランプリを2度取ったのはフランシス・コッポラ、エミール・クストリッツァ、ビレ・アウグストの3人しかいませんでした。

『楢山節考』は姥捨山伝説を題材にしたもので原作は深沢七郎さん(1914-1987)。深沢さんのデビュー作(1956)です。深沢さんは日劇ミュージックホールのギタリストをしていて、この小説は楽屋で書き上げたということです。衝撃的な素材であるだけに過去色々な人が舞台や映画で取り上げており、木下恵介監督・田中絹代主演のものもありましたが、今村監督のものは主演は坂本スミコです。

今村昌平監督は大正15年東京生まれ。松竹大船撮影所で小津安二郎監督や川島雄三監督のもとで助監督を務め、のち日活に移って1958年「盗まれた欲情」で監督デビュー。数々の作品を手がけたのち1974年横浜放送映画専門学院(現・日本映画学校/川崎)設立。1983年の「楢山節考」1997年の「うなぎ」でカンヌ映画祭グランプリを獲得したほか、1987年「ZEGEN」、1990年「黒い雨」も同祭に出品しています。ここ20年ほどは数年に1本というゆったりしたペースで映画を作っているようです。

姥捨山というのはもう働けなくなった老人を山に捨ててくるという風習ですが、こういう風習が日本に実在したのかについては両論があって決着がつきません。

ある年齢になったら捨てられるとか足腰が立つものは自主的に山に入るという話がある一方で、昔話には村で困ったことがあった時に捨てられた老人達が出した知恵で乗り切ったというもの、また捨てに行く息子の身体を捨てられる母親が心配しているのに感動して、捨てずにそのまま戻ってきたなどという話もあります。しかし普段はそういう風習がなかったとしても、飢饉などの時には老人達は実際、若い者たちに優先的に食糧を与え、自ら山に入ったかも知れません。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから