↑

王選手の初ホームラン(1959)

1959年4月26日、王貞治がプロ初ホームランを打ちました。

「ホームラン王」王貞治は早稲田実業のエースとして高校野球で活躍し、1958年10月巨人に入団しますが、彼の投球を見た水原円裕(*1)監督から、この投球ではプロでは通用しないとしてバッター転向を指示されます。そしてちょうどこの月限りで引退した川上哲治が守っていた1塁の守備を命じられるのです。当時かなり期待されていたようで、川上は引退するが、王がきっとその穴を埋めてくれる、などと書いた新聞などもありました。

 (*1)水原茂は1955年途中から1959年まで水原円裕を名乗っている。

ところが、せっかく使ってもらっているのに王は全くヒットを打てません。

開幕してから26打席ノーヒットを続けます。さすがに代えるべきだという声が日に日に強くなるのですが、それでも水原は王をスタメンから外さず使い続けました。そして27打席目となったこの日、国鉄(現ヤクルト)の村田元一投手から初めて打ったヒットが、初ホームランとなりました。

水原の我慢は報われたのでした。

そしてこれが通算868本という偉大なホームラン記録への第一歩でした。


(2005-04-26)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから