↑

王貞治の55号ホームラン(1964)

1964年プロ野球のセリーグで巨人の王貞治一塁手が年間55本のホームラン記録を達成しました。

昨年大リーグではマーク・マグワイアが70号、サミー・ソーサが60号ホームランを打ちましたが、日本ではこの昭和39年の王貞治の55号が現在でも年間最多本塁打記録になっています。1980年に近鉄のマニエルがものすごいペースで本塁打を打ち、王の記録を更新するのは確実....と誰もが思っていたらデッドボールで骨折し、リタイアを余儀なくされて、48号に留まりました。ちなみに2位は1985年の阪神のバースの54号、3位は1985年のロッテの落合と1963年の南海(現ダイエー)の野村克也の52号です。

(ついでにいえば、野村が南海監督としてパリーグ優勝を果たしたのが1973年。この年は巨人のV9の最後の年です。1999年は色々なものの決算が出る年になりそうです。)

さて、王貞治の経歴については、わざわざ語るまでもないと思います。

1940年5月20日・東京生まれ。早稲田実業で甲子園に4回出場。特に高2の春は、ピッチャーで4番の大活躍で同校を甲子園Vに導きました。川上哲治が現役を退いた年に巨人に入団。当時の新聞記事には「川上の引退は巨人にとって大きな損失だが、その穴はきっと王が埋めてくれるだろう」と書かれています。

しかし、王は当初なかなか芽が出ませんでした。その新聞記事に書かれたように、川上が守っていた1塁を守ることになるのですが、全くヒットが打てません。しかし川上は彼を我慢して使い続け、とうとう26打席ノーヒットのあと、1959年4月26日、やっと出たプロ初ヒットが彼の第1号ホームランでした。その後の彼のバッティングの性格を象徴するようなできごとでした。

しかしその後も打撃が低迷していた中、運命の師・荒川博に出会います。彼は王の打撃のタイミングの取り方のまずさに注意し、これを改善するために極めて非常識な「一本足打法」をやらせます。これが見事に当たり、4年目の1962年、いきなり年間38本のホームランを打って、本塁打王のタイトルまで獲得しました。彼はその後13年間、このタイトルを他人に譲りませんでした。(1975年に阪神の田淵に破られる。しかし1976-1977は奪還)

そして1964年の輝かしい55号ホームランのほか、現役中に打ったホームランの総数は868本。ちなみに通算ホームランの上位5人は下記の通りです。2位以下に大きく差を付けています。

1.王 貞治 868本 28312試合 2.野村克也 657 30173 3.門田博光 567 25714 4.山本浩二 536 22845 5.落合博満 510 22366

なお、現役最多はダイエー秋山の415号、次が巨人清原の395号です。

それから余談ですが、この王の55号ホームランにちなんで名前をつけてデビューしたお笑いのコンビが、萩本欽一と坂上二郎の「コント55号」でした。

(1999-09-22)


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから