↑

西武ライオンズを取得(1978)

1978年10月12日、西武グループがライオンズを買収。所沢に移転して、九州唯一のプロ野球球団が消滅しました。

ライオンズは最初1949年に西鉄クリッパーズとして出発した。1951年セリーグを脱退した西日本パイレーツと合併、西鉄ライオンズと名前を変える。

その後1956年に「鉄腕」稲尾が入団。彼の活躍でこの年からパリーグと日本シリーズを3連覇。特に58年の日本シリーズでは巨人に3連敗したあと稲尾だけで4連勝。「神様仏様稲尾様」と言われた。

しかしこの黄金の西鉄ライオンズも三原監督退団後はパッとせず1963年中西監督で1度パリーグを制覇しただけで低迷の時代に入る。そして1969年日本列島を震撼させる「黒い霧」事件が起きた。

西鉄の主力数選手が野球賭博に絡み、八百長をおこなったことが発覚。該当選手が球界永久追放となるとともにライオンズは球団イメージを著しく落とす。「神様」稲尾が建て直しのため監督に就任するも3年連続最下位とどうにもならない成績。嫌気がさした西鉄は1972年球団を手放す意向を示した。

しかしなんといっても「黒い霧」事件の記憶がまだ生々しい。誰もライオンズを買おうとしなかった。このままではライオンズはもう球団解散しかない、という時、当時のロッテのオーナー中村長芳が「誰も買わないというのなら、俺が個人で買う」といって、ほんとうに個人でお金を調達して球団を西鉄から買収。球団は野球を深く愛する中村氏の熱意のおかげでかろうじて消滅を免れた。

買ったもののやはり個人ではかなり苦しいものがあった。新しく「太平洋クラブ・ライオンズ」としてスタートした球団は資金不足に苦しみ、成績も少しは上向いたもののかつての黄金時代には比べるべくもなかった。そして窮余の末、クラウンライターに支援を依頼。1976年「クラウンライター・ライオンズ」に生まれ変わる。

しかしクラウンライターのような小さな会社には球団は重すぎる。2年間はなんとか支援をしたものの「これ以上は無理だ」と1978年中村氏に通告。ここで中村は球団を存続させるため、近年スポーツ界に積極的に投資し、セリーグ球団を創設する準備として「プリンスホテル」の社会人チームを発足させたばかりの西武の堤義明氏と交渉。堤は将来この球団をセリーグに移動させること含みで球団買収に応じた。

この中村の決断と行動に対してこの6年間何の支援もしなかった地元福岡の政財界は「九州の外に売るなんて裏切者」と非難した。

新たに「西武ライオンズ」として出発したライオンズは堤氏の莫大な投資により、見事に蘇る。大量に大物選手をトレードで獲得、有望新人も入れて球団創設4年目にして14年ぶりの日本一を達成。第二期黄金時代を迎えることになる。西武は1982年から1994年までの広岡・森監督時代にリーグ制覇11回、日本一 8回を成し遂げている。

そして、この第二期黄金時代の主力選手が次々と去ったあとの誰が見ても弱体化した球団を1994年東尾監督が継承。第三期黄金時代を作るために尽力することになる。そして東尾は誰もが驚く奇跡をやってのける。そう強力な選手層を抱えているとは思えない状態での1997,1998年のリーグ連覇である。特に1998年は4月の開幕後には最下位にもなるほどひどい状態だったところから奇跡の浮上優勝を果たしたのであった。


(1998-10-11)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから