↑

洞爺丸の事故(1954)

1954年9月26日22時43分、青函連絡船・洞爺丸が沈没し、1200名弱の乗員乗客が死亡(行方不明者を含む)しました。

この事故に関しては資料によってどうも数字がバラバラで、事実関係もどうもはっきりしません。いろいろな資料を比較してみるに、だいたい次のような状況であったようです。

後に洞爺丸台風とも呼ばれることになる台風15号は四国に大きな被害を与えたあと、関西を縦断して日本海に抜け、佐渡付近を通過して北海道方面に向かっていました。

洞爺丸は午後2時頃函館を出港の予定でしたが、風雨が強くなってきて、台風も近づいているということだったため、出港を見合わせていました。その内、先に出港した洞爺丸より小型の連絡船・第11青函丸が引き返してきて、その乗客がこちらに移ってきました。洞爺丸は3800トンもある大型船(*1)で天皇陛下の御召船にも使用されたことがあるほどのしっかりした船ですので、多少の嵐には耐えると思われました。

しかしそれにしても、台風とまともに出会うのは危険であるため、船長は台風の通過を待っていました。そして午後6時。風雨が弱くなってきて晴れ間も見えて来ました。天気予報でもちょうどその頃通過し終わるということでした。これでもう風雨はこの後弱くなると判断して、船長は出港します。

ところが風雨はまた強くなって来ました。まずいと判断した船長は函館港から5kmしか進んでいないところで航行を中止。しかし港に戻るのも危険と思われたため、錨を降ろして、風雨が弱くなるのを待ちます。ところが実は台風は日本海を進行中に急速に速度を落としていて、まだ北海道に到達していなかったのでした。(*2)

強い風雨により、さすがの洞爺丸も貨物のバランスが崩れて浸水します。船長は近くの岩礁に座礁させて船を止めることを決断。移動しますが、海底の地盤が弱かったため、そこの岩礁では支えきれず、結局横転。乗客乗員は救命胴衣を付けていましたし、いちばん近い海岸までわずか600mほどの距離でしたが、それでもこのすさまじい台風のため、多くの人が耐えきれずに海底に沈んでいきます。

結局生存者は乗船者約1300名のうち、わずか150名ほどでした。

タイタニック号に次ぐ、史上第二位(当時)の海難事故でした。この事故を契機に政府は莫大な予算を投じて、青函トンネルの建設を始めます。

なお、この時洞爺丸以外にも下記の貨物船が沈んでいます。

 北見丸  70名死亡日高丸  56名死亡十勝丸  57名死亡

なお、第11青函丸も引き返したのではなく途中で沈んだという説もあるようです。またこの台風での全国の死者行方不明者総数は理科年表の数字で1761名に及びます。

----------------(*1)だいたい現代で近くの島までの航路を走るフェリーは数百トンです。 1日とか2日とか掛けて走る長距離フェリーや国際フェリーになると 1万トンくらい。タイタニックは超特大で66000トンもありました。 戦艦武蔵が69000トン、Qween Elizabeth II号は 7万トンです。

(*2)ここでなぜ一時的に晴れ間などが見えたのかは謎のようですが一説では 台風と、それに刺激された前線の間にはさまれた、小さな高気圧帯が 通過したのではないかという説もあるようです。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから