↑

エトナ火山噴火(1669)

1669年3月8日、イタリアのシチリア島にあるエトナ火山が大噴火を起こしました。

エトナ火山はヨーロッパで最も標高の高い火山(3260〜3390m)です。記録に残っている範囲ではBC693年以来何度も噴火を繰り返してきており、はっきりとした被害が記録されているものとしては、1169年とこの1669年の噴火が最大。1169年の噴火で15000人、1669年の噴火で10000人の死者が出ています。

この1669年の噴火では麓のニコロシ村が一瞬にして壊滅。長さ18kmにも及ぶ地表の断裂ができて、20個の火口が出来ました。そして近くのカタニア市の半分くらいを火山灰で埋め尽くし、堆積物によって近くの海に新しい岬がひとつ出現しました。

なお、カタニアはその後1693年に大地震でも壊滅的な被害を受けます。この町は現在シチリア第二の都市ですが、現在の町並みは19世紀に入ってから再建されたものです。

最近の噴火では溶岩の流れを変えるために爆弾を投下したり、などといったことが試みられています。現在も、もちろん活動中です。


(2001-03-07)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから