↑

ポンペイ最後の日(AD79)

AD79年8月24日昼頃。ローマ帝国。ナポリ近郊のヴェスヴィオ火山が突然噴火し大量の火山灰を撒き散らかして、ふもとの町ポンペイ(Pompeii,インドのボンベイと混同しないように ^^ )を埋め尽くしました。ポンペイにつもった火山灰の厚さは14mにも達し、町は発掘される18世紀半ばまで静かに眠り続けます。まだキリスト教が入ってきてない時代のローマの町をそのままに保存して。

ポンペイは紀元前8世紀頃にイタリアの先住民族によって作られた町です。その後交通の要所として各地の民族が干渉し、やがてローマ領になりました。当時はローマの貴族の保養地として賑わっており、1万数千人の人々がいたとされますがその内2000人ほどが逃げ遅れて犠牲になりました。

ポンペイの町の発掘は1748年に始まって今なお作業が続いていますが、そこには有名な「ディオニュソスの秘儀」ほか多数の美しい壁画も見つかっており、また水道管、洗濯桶、選挙広報などなど多数の生活のあとも出土しています。

1880年、ヴェスヴィオ火山の登山電車の会社は客寄せのため「フニクリ・フニクラ(Funiculi-Funicula,登山電車という意味)」という歌を作りレコードにして発売しました。この歌は大ヒットし、当時としては驚異的な1万枚ものセールを記録しました。

Jammo, jammo, 'ncoppa jammo ja'... Jammo, jammo, 'ncoppa jammo ja'... Funiculi'- funicula' funiculi'- funicula'.. 'Ncoppa jammo ja', funiculi'- funicula'...

【 http://www.nxd.it/CANZNA/DOC224.HTM より引用】

ボンベイを描いた映画も早い時期から作られています。私が把握している中でもっとも古いものは1897年イギリスの作品で、むろん無声映画です。その後何作もいろいろなスタッフの手で作られていますが「ポンペイ最後の日(TheLast days of Pompeii)」というタイトルは踏襲されているようです。

1938年画家のポール・デルヴォーはこの地を訪れ、その印象をもとに大作「ポンペイ」を描きました。時間の停止したかのようなローマの町に女たちと幾人かの少年たちが描かれ、不思議な世界を形成しています。

日本にも「日本のポンペイ」と呼ばれるところがあります。木曽の奥地「帰雲城(かえりくもじょう)」跡がそうです。天正13年(1585)11月29日23時ころ、マグニチュード8クラスの直下型地震により山が崩壊、その土砂が城下町をまるごと飲み込み、数千人の人が生き埋めになってしまいました。ここは内ヶ島氏の領地で、内ヶ島氏が掘っていた時価3000億円ともいわれる金塊とともに、人々は今も埋もれたままになっています。


↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから