↑

イスラム暦紀元(622)

イスラム教の教祖ムハンマド(日本ではマホメットという読み方の方が通っているが、実際の発音はこちらが近いらしい)は622年9月20日月曜日、メッカでの数々の迫害から逃れるため、彼の母の故郷であるヤスレブに移住しました。これをイスラム教ではヘジラ(聖遷)といい、この年をもってイスラム暦元年としています。この年のアラビア暦の元旦が太陽暦の7月16日にあたるため、イスラム暦の出発点も622年7月16日になります。

ヤスレブはこの聖遷を記念してメディナ(預言者の町)と呼ばれるようになりました。ムハンマドはこのメディナで体制を整え、624〜630年の間の数度の戦争を経て、結局メッカもイスラムのものになります。632年ムハンマドはメッカに赴き、その旅を終えてから3ヶ月後に永眠しました。彼の死は2番目の妻のアイシャらが看取りました。また前妻の娘ファティマの夫アリは後に4代目のカリフになっています。

イスラムの暦はそれ以前からあったアラビアの太陰暦をベースにするもので、354日の平年と355日の閏年との組合せでできています。純粋に月の動きだけを追いかけていますので太陽暦と比較すると毎年11日程度の差が出ます。現在、太陽暦では1999年で聖遷から1377年しかたってないのですが、イスラム暦では既に1420年に突入しています。(1999年の7月16日はイスラム暦では1420年4月2日に当たります)


(1999-07-15)

↑ Dropped down from 今日は何の日.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから