レントゲンがX線発見(1895)

↑

1895年11月8日、レントゲンがX線を発見しました。これにちなんで11月8日はレントゲンの日です。

一般にX線の発見者の名を取り「レントゲン」と呼ばれていますが、医療の現場で行われているのは、X線による体の内部の撮影です。これには間接撮影と直接撮影があります。

X線は波長のたいへん短い電磁波ですが、波長が短いことから体を通り抜けます。しかし体の部位や状態によって通り抜け方が違うことから、体の内部の撮影に使われるわけです。

ここで直接撮影というのは、この体を通り抜けたX線で直接フィルムを感光させるものです。これは病院などで行います。間接撮影というのはX線の蛍光像を撮影するもので、X線が外にもれる量が少ないため、集団検診などで次から次にどんどん撮影したい時に使います。むろん精度は直接撮影に比べると落ちます。

X線というのは、「正体不明の線」という意味です。

レントゲンは真空管に高電圧を掛けている時に、真空管を厚紙で覆っているにも関わらず、蛍光紙が明るく光ることに気づきました。部屋を暗くしてやってみるとはっきり分かります。厚紙から洩れているのではないことは、この光?が1000ページもの厚さの本を透過したことからはっきりしました。

そこで彼はこの正体不明の光にX線という名前を付けたものです。X線によって最初に撮影されたのはレントゲンの奥さんの手の骨格でした。この写真は現在も保管されているそうです。

この現象は実はレントゲン以前にクルックスも気づいていました。しかし彼は蛍光紙の品質が悪いのだと思って、製造メーカーに文句を言ったそうです。

大発見というのは、案外日常のそばにあるのかも知れません。

なお、X線より更に波長の短い電磁波がγ線です。


Dropped down from 今日は何の日.
↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから