ジャンボジェット初飛行(1969)

↑

「ジャンボ」の名前で親しまれ、国内外の空で毎日多くの乗客を運んでいるボーイング(Boeing)社の747型旅客機は1969年2月9日に初飛行しました。

元々1960年代前半にアメリカ軍の「地球上どこへでも24時間以内に米軍を送り込んで作戦を遂行できるようにする」という計画にもとづく C-5A 計画のために開発されたものです。しかしこのC-5A計画では結局ロッキード社のGalaxyが受注に成功し、ボーイングは敗れてしまいました。

そこでボーイングはこの技術を民間用に転用することにし、C-5A用に設計したボディに客席を一部二階建てにして収納する斬新なアイデアを取り入れて大型旅客機を作ることになりました。アメリカ国内の航空各社やルフトハンザ、日本航空などからの発注の意思表示を得て1966年7月28日に生産を決定します。

その後設計が進み1968年までに、標準型の747-100, 重量増加型の747-200が発表になります。1号機のロールアウトが1968年9月30日。そしてこの日、1969年2月9日に初飛行に成功。同年12月30日に型式証明を得ました。航空会社への納入は1973年4月から始まり、日本航空が最初の747(747-200F)を受け取ったのは1974年9月です。

その後短距離路線用の747-SR,2階の客席エリアを延長してエコノミー席を増設した747-300(SUD), やや小型化して航続距離を伸ばし世界中のどこへでも無着陸でいけるようにした747-SPなどが開発されていきます。

1988年には空気抵抗を減らして燃費を改善した上、操縦システムを完全に見直して二人乗務員制を採用した747-400 が登場しました。元々747は最初の747-100の設計時から当時としては真新しい概念であったフェイルセーフ思想をふんだんに取り入れていたのですがこの747-400の登場で更に安全度は高まっています。


(2004-02-09)

Dropped down from 今日は何の日.
↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから