↑ ヒマラヤ・ヒマラヤ
昔一時期こんなのが流行りました。

『ヒマラヤ、ヒマラヤと10回言ってみて』
『ヒマラヤ、ヒマラヤ、ヒマラヤ、ヒマラヤ、ヒマラヤ、
 ヒマラヤ、ヒマラヤ、ヒマラヤ、ヒマラヤ、ヒマラヤ』

『ヒラヤマ、ヒラヤマと10回言ってみて』
『ヒラヤマ、ヒラヤマ、ヒラヤマ、ヒラヤマ、ヒラヤマ、
 ヒラヤマ、ヒラヤマ、ヒラヤマ、ヒラヤマ、ヒラヤマ』

『ヒヤラマ、ヒヤラマと10回言ってみて』
『ヒヤラマ、ヒヤラマ、ヒヤラマ、ヒヤラマ、ヒヤラマ、
 ヒヤラマ、ヒヤラマ、ヒヤラマ、ヒヤラマ、ヒヤラマ』

『じゃ、世界で一番高い山は?』
『ヒマラヤ』
『エベレストだよ』

これはプライミングと呼ばれる心理現象です。ヒマラヤとかヒラヤマとか
ヒヤラマ(何それ?)と言わせることで、この音韻が頭の中で活性化されてい
るので(primed)、普通に考えればひっかかるはずのないところで間違えて
しまう。

それに加えて、この場合は微妙に違う「ヒラヤマ」「ヒヤラマ」という音
の連結までプライミングされているので、言われている側は、これは言い
間違えさせようとしていると思い『間違いなくヒマラヤと発音してやる』
と思ってしまうのです。

更にもうひとつ重要な問題は「ヒマラヤ」と「エベレスト」に意味的な
類似性があるため、間違いに気づきにくいという問題があります。

ですから、これが例えば次のようなのはひっかかりにくい。

「ぶった、ぶった、ぶったと10回言ってみて」
「ブッチ、ブッチ、ブッチと10回言ってみて」
「物価、物価、物価と10回言ってみて」
「ゴルゴダの丘で十字架に掛けられた宗教家は?」

キリストとブッダではイメージが離れすぎている。次のだとひっかかる人
もいます。

「ひじ、ひじ、ひじ、と10回言ってみて」
「ヒデ、ヒデ、ヒデ、と10回言ってみて」
「ひげ、ひげ、ひげ、と10回言ってみて」
(指で踵を指して)「ここは?」

膝(ひざ)と踵(かかと)も少し距離が離れすぎです。これが腿(もも)を指せば
ひっかかるのですが、それだと、腿のことを膝とも言うぞと言われる可能性
があります。日本語は難しい。

だとしたら、こんなのはひっかかるでしょうか?

「ロンドン、ロンドン、ロンドンと10回言ってみて」
「どんどん、どんどん、どんどんと10回言ってみて」
「はんどん、はんどん、はんどんと10回言ってみて」
「フランスの首都は?」


↑ Dropped down from daily DANCE.

(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから