鬼子母神

鬼子母神もずいぶん日本的な仏です。読み方ですが「きしぼじん」と読む人も
いますが、やはり「きしもじん」の方が正しいようです。青色鬼、大薬叉女と
いう訳もあったようですが、鬼子母または鬼子母神で定着しています。

通常伝えられている話によれば、鬼子母神は初めハーリーティ(訶梨帝母)と
いう夜叉で、1000人の子供の母でしたが、しばしば人の子をとって食って
いました。そこで、ある時お釈迦さまが彼女が一番可愛がっている、一番末の
子の愛奴(あいぬ)を隠してしまいました。

ハーリーティは気も狂わんばかりにその子を探し回るが見つかりません。そこ
にお釈迦さまが現れて、子供がいなくなるということがどんなにつらいものか
分かったか? お前の今までの悪行がそのような形で現れたのだと諭します。

この事件で親の心を知り心を入れ替えたハーリーティは仏道に帰依し、子供を
守り、安産をさせてくれる慈愛の仏、鬼子母神となるのです。鬼子母神の像は
しばしば吉祥果(きちじょうか)を持っています。これは見た目は柘榴のよう
ですが、心を入れ変えた後の鬼子母神は子供を食う代りに、この吉祥果を食う
ようになったとされます。後に、この吉祥果には魔障を除く力があるというこ
とになってきました。

鬼子母神の霊験は夫婦和合・安産成就・恋愛成就のほか、持病治癒・災禍除去
とされています。真言はオン・ドドマリ・ギャキティ・ソワカ。種子はウーン
です。

法華経では、鬼子母神は法華経を読誦し受持する神とされていて、鬼子母神を
祀る寺としては、日蓮宗系のところが多いようです。

鬼子母神の仏像の形は様々ですが、主として天女型と鬼女型に分かれます。天
女型の場合は歓喜母・愛子母などともいい、胸に赤ん坊を抱いて左手を添え、
右手には吉祥果を捧げ、足元に2〜3人の子供が寄り添っています。一方鬼女
型の方は恐ろしい顔をして(といっても結構ユーモラスなのだが)直立し合掌
します。

鬼子母神の伝説は私たちに他の鬼女伝説も想起させます。日本人にとって最も
思い起こされるのは、やはり安達ケ原の鬼女伝説でしょうか。能の「黒塚」と
しても知られるこの鬼女はなにか鬼子母神と重なるイメージを持っています。

キリスト教文化圏ではまた別の動きがあるようですが、日本の場合、恐怖を与
える神がいつの間にか信心すれば救済してくれる良い神に変化していくケース
をよく見るように思います。大黒天などもその例でした。

なお、「恐れ入りやの鬼子母神」という言い回しは、入谷の鬼子母神(地下鉄
日比谷線入谷駅から100m、又はJR鴬谷駅東500m)に引っかけて言っ
た言葉です。


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから