薬師如来

薬師如来は西方極楽浄土の阿弥陀如来に対して東方浄瑠璃界の教主です。その
名の通り医薬を司る仏で、医王という別名もあり、衆生の病気を治し、安楽を
与える仏とされます。このため仏像もしばしば薬壷を持っています。

この仏は菩薩であったころ、十二の大願を立てたとされ、その七番目の願いに
「病のものも私の名前を聞けば患いが除かれる」とあって、これが薬師信仰の
根拠とされています。

この菩薩時代の大願により人々を救うという点は阿弥陀如来の四十八請願とも
同様ですが、阿弥陀が来世での安らぎを約束するのに対して薬師は現世での安
らぎを求める点が異なっています。それだけ現世の利益を求める仏であるため
逆に現実に疲れ果てた民衆にはやはり来世を約束する阿弥陀の方が頼りに思え
たのでしょうか。薬師信仰は阿弥陀信仰からするとどうしても層が薄いように
思われます。

薬師如来の脇侍(きょうじ)は左に日光菩薩、右に月光(がっこう)菩薩で、
十二神将に取り囲まれています。十二神将は翻訳により色々とバリエーション
がありますが、宮毘羅(くびら)、伐祈羅(ばさら)、迷企羅(めきら)、安
底羅(あんてら)、額爾羅(あんにら)、珊底羅(さんてら)、因陀羅(いん
だら)、波夷羅(はいら)、摩虎羅(まにら)、真達羅(しんだら)、招杜羅
(しゃとら)、比羯羅(ぴから)という流儀をあげておきましょう。この十二
神将は言い伝えによれば、時を表す十二支に対応していて、一日を約2時間ず
つ交替で守護しているのだといいます。

なお、この十二神将の筆頭の宮毘羅大将は一般には「金比羅(こんぴら)様」の
名前で親しまれています。全国の金比羅様の中核は四国の象頭山・金比羅大権
現・金刀比羅宮です。

さて、この薬師如来や日光・月光菩薩・十二神将のいる浄瑠璃世界とは瑠璃を
地とし七宝を持て成ずると言われる理想世界です。芸能の浄瑠璃はこれから
間接的に出たものです。

薬師如来の申し子である浄瑠璃姫と牛若丸の恋を描いた「浄瑠璃御前物語」の
公演が評判になり類似のものを全て「浄瑠璃」と呼ぶようになりました。最初
は人形劇ではなく琵琶法師の語り物だったのが後に人形劇になります。なお、
浄瑠璃姫とは義経の妻の一人で、義経を追いかけて東北まで行き、上記物語で
は途中で亡くなってしまうのですが、別の説では、義経が平泉で死んだとみせ
かけて更に北方へ逃れたという噂を聞いて更に北上。青森県の八戸付近で運命
的再開を果たして、一緒に蝦夷地へ渡っていったともいいます。

薬師如来は49という数字と非常に関連が深く、人が重い病に倒れた時に薬師
如来の経を49回読み、49の灯りを灯し、49の五色の彩幡を作ると助かる
という言い伝えがあります。また地獄の十王のうち49日目に亡者を裁く泰山
王の本地は薬師如来であるとされています。

なお、この薬師如来ですが、国内でこれだけ多くの仏像が作られているにも関
わらず、大陸ではほとんど見られず、朝鮮半島に少しと敦煌にあるくらいだそ
うです。また各種の古い曼陀羅にも登場していませんので、比較的新しい部類
に属する仏なのでしょう。

しかし、国内では薬師如来信仰は既に飛鳥時代に始まっています。法隆寺金堂
の薬師如来光背銘文には『用命天皇が病気になったとき、治癒祈願のため寺を
建て薬師如来の像を祀るようにとの仰せがあり、天皇は残念ながら亡くなった
が推古天皇と聖徳太子がその遺志を果たした』と書いてあります。

また、天武天皇の時代に皇后の讃良皇女(後の持統天皇)が病気になり、その
平癒を祈願して寺を建てた所霊験あってすぐに直った為、これに感謝して薬師
三尊を鋳造して納めたという記録が日本書紀にあります。(奈良・薬師寺)

なお、薬師如来のインドでの名前はバイシャジャ・グル、真言はオン・コロコ
ロ・センダリ・マトウギ・ソワカ。種子はベイです。

 *-------------*

話が横道にずれてしまうのですが、上記の法隆寺薬師如来の銘文はおかしいの
ではないか、と梅原猛氏は指摘します。つまり讃良皇女の場合は病気が直った
から感謝して薬師像を納めたのは分かるとして、なぜ用命天皇は亡くなってし
まったのに、更に薬師像を作ったのかということです。これについて詳しいこ
とは同氏の「隠された十字架」(新潮文庫)を見て頂ければよいかと思います。
なかなか興味深い議論がされています。念のためこの銘文を下記にあげます。

  池辺大宮治天下天皇 大御身労賜時 歳次丙午年
  召於大王天皇与太子而誓願賜 我大病太平欲坐
  故将造寺薬師像作仕奉詔 然当時崩賜
  造不堪者 小治田大宮治天下大王天皇及東宮聖王
  大命受賜而 歳次丁卯年仕奉



(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから