↑
盂蘭盆経

ということで、盂蘭盆経の本文を読んで見ましょう。

仏説盂蘭盆経

聞如是。            こう聞いています。
一時仏在舎衛国祇樹給孤独園。  お釈迦様はある時祇園精舎におられました。

大目乾連始得六通、       目連が初めて六神通を得て
欲度父母 報乳哺之恩。     今は亡き父母に何かできないかと思った。
即以道眼 観視世間       その霊視力で探した所
見其亡母生餓鬼中。       母が餓鬼たちの中にあり
不見飲食 骨皮連立。      飲食も取れず骨と皮の状態であった。

目連悲哀 即鉢盛飯       目連は悲しみ、すぐ鉢に御飯を盛って
往餉其母。           母のもとへ持っていきました。
母得鉢飯 便以左手障鉢     母は御飯を得て、左手で鉢を支え
右手搏飯            右手で御飯を食べようとしますが
食未入口 化成火炭       口に入れる前に炭に変化してしまい
遂不得食            食べることはできませんでした。

目連大叫 悲号啼泣       目連は大いに泣き叫び、お釈迦様の所に
馳還白仏 具陳如此       帰って、このことを報告しました。
仏言。             お釈迦様は言います。
汝母、罪根深結         あなたはお母さんの罪は重かったようです
非汝一人力 所奈何。      あなた一人の力ではどうにもできない。
汝雖孝順声 動天地       あなたの孝順の声が天地を動かし
天神地神 邪魔外道道士     天や地の神々、邪魔や外道・道士に
四天王神 亦不能奈何。     四天王まで動かしてもどうにもならない。

当須十方衆僧 威神之力     まさに十方の修行している僧の総力が
乃得解脱。           集まれば解脱することができるでしょう。
吾今当為汝 説救済之法     これからその方法を教えますから
令一切難 皆離憂苦 罪障消除  それで苦しみや罪も消えることでしょう。

ということで、以下具体的な供養の方法の記述に入ります。

御飯を食べようとしても燃えてしまった食べられないという記述は浄土系の
ものでしょうね。この経典の成立時期を推測させてくれます。

目連(モッガラーナ)は釈迦の十大弟子の一人。般若心経にも出てくるおなじ
みの舎利弗(シャーリップッタ)の親友で、はじめ一緒に不可知論で知られる
サンジャヤ・ベーラッティプッタの許で修行をしていました。しかしある時、
舎利弗が釈迦の最初の弟子の一人馬勝(アッサジ)に出会い、釈迦の教えを知
って感動し、目連を誘い釈迦の許に移ったのです。二人を慕ってサンジャヤ
の弟子が他に250人も釈迦の弟子になったといいます。

舎利弗は教団の運営に長けていた人で、彼の力により仏教教団は大きく発展
することになります。舎利弗は智慧第一、目連は神通第一とされました。恐
らく舎利弗は現実面に関する才能、目連は霊的な方面に関する才能が発達し
ていたのでしょう。この二人が日光菩薩・月光菩薩のモデルである、とする
説もあります。どちらがどちらかは言うまでもありませんね。


仏告目連            お釈迦様は目連にこう言いました。
十方衆僧 於七月十五日僧自恣時 十方の衆僧の七月十五日の僧自恣の時
当為七世父母 及現在父母    まさに七世の祖先から現在の父母まで
厄難中者            厄難中者のために
具               下記の物をお供えしてください。
飯 百味 五果 汲灌盆器    御飯、多くのおかずと果物、水入れ、
香油 錠燭 床敷 臥具     香油、燭台、敷物、寝具。
尽世甘美 以著盆中       世の甘美を尽くして盆中に分け、
供養 十方大徳衆僧。      十方の大徳・衆僧を供養しましょう。

当此之日 一切聖衆       この日、全ての修行者は
或在山間禅定          或いは山間にあって坐禅し
或得四道果           或いは四段階の悟りを得、
或樹下経行           或いは木の下で歩き回り、
或六通自在 教化声聞縁覚    或いは六種の神通力で声聞や縁覚を教化し、
或十地菩薩大人         或いは十地の菩薩が大人により
権現比丘 在大衆中       比丘の姿を借りて大衆の中にあるも
皆同一心 受鉢和羅飯      みな同じ心で、この御飯を頂けば
具清浄戒聖衆之道        清浄戒を守って修行する人たちの
其徳汪洋            その徳は大きいでしょう。

其有供養 此等自恣僧者     これらの供養を自恣の僧にすれば
現在父母 七世父母 六種親属  父母も先祖も親族も
得出三途之苦          三途の苦しみを出ることができて
応時解脱 衣食自然       時に応じて解脱し、衣食に困らないでしょう。
若復有人父母現在者       まだ父母が生きている人は
福楽百年            百年の福楽が与えられるでしょう。
若已亡 七世父母 生天     もう既に亡い時も七世の祖先まで天に生じ
自在化生 入天華光       自在天に生まれ変わって天の華光に入り
受無量快楽           たくさんの快楽を受けられるでしょう。

お釈迦様の説法はここで終わっています。


時仏勅 十方衆僧        その時お釈迦様は十方の衆僧に命じます。
                (七月十五日にそのようにお布施された時)
皆先為施主家呪願        まず施主の家のために呪願して
願七世父母           七世の祖先の幸せを祈り
行禅定意            坐禅をして心を定め
然後受食            しかる後に御飯を頂きなさい。

初受食時            初めて御飯を頂く時は
先安在仏塔前          まずその家の霊前に座って
衆僧呪願竟           みんなで祈願をしてから
便自受食            御飯を頂きなさい、と。

爾時目連比丘及 此大会菩薩衆  その時目連や集まった修行者たちは
皆大歓喜            皆大いに法悦に包まれ
而目連悲啼泣声釈然除滅     目連の鳴き声もいつしか消えていたのです。

是時 目連母 則於是日     この時目連の母はこの日において
得解脱一劫餓鬼之苦       一劫も続く筈だった餓鬼道から救われました。


僧たちと一緒になった供養により、目連のお母さんは無事往生することがで
きました。そこでこれに感激した目連は、この習わしを後にまで残したいと
申し出ます。

爾時目連復白仏言        この時目連はまたお釈迦様に言いました。
弟子所生父母          私を生んでくれた父母は
得蒙三宝功徳之力        仏法僧の功徳の力をこうむることができました。
衆僧威神之力故         衆僧の威神のような力のお陰です。

若未来世 一切仏弟子      将来の全ての仏弟子も
行孝順者 亦応奉此盂蘭盆    孝順を行う者はまたまさにこの盂蘭盆を奉じて
救度現在父母乃至七世父母    父母から七世の先祖までを救うことができます。
為可爾不。           そのように願って果たされるでしょうか。

仏言              お釈迦様は答えて言います。
大善快問            いい質問です。
我正欲説 汝今復問       今私が言おうと思ってたことを聞いてくれました。

善男子             善男子よ、
若有 比丘 比丘尼 国王 太子 もし僧、尼、国王、皇太子、
王子 大臣 宰相 三公 百官  王子、大臣、補佐官、長官、多くの役人、
万民 庶人           多くの民衆が
行孝慈者            孝慈を行おうとするなら
皆応為所生現在父母過去七世父母 皆まさに生んでくれた父母から七世の祖先までの為
於七月十五日          七月十五日の
仏歓喜日 僧自恣日       仏歓喜の日、僧自恣の日において
以百味飲食 安盂蘭盆中     多くの飲食物を用意して盂蘭盆中に安じ
施十方自恣僧          十方の自恣の僧に施して
乞願便使            祈願してもらうのです
現在父母 寿命百年無病     現在の父母の寿命が伸びて病気も無く
無一切苦悩之患         一切の苦悩やわずらいも無く
乃至七世父母          また七世までの祖先は
離餓鬼苦            餓鬼の苦しみから離れ
得生天人中 福楽無極      天人の中に生まれて福楽が大いにあることを。

仏告諸善男子善女人       お釈迦様は善男善女たちに告げて言いました。
此仏弟子 修孝順者       この仏弟子で孝順なる者は
応念念中 常憶父母       まさに念念の中に常に父母を思い
供養乃至七世父母        七世の父母までを供養しなさい。

年年七月十五日         毎年七月十五日に
常以孝順慈           常に孝順の慈をもって
憶所生父母乃至七世父母     両親から七世の祖先までを思い
為作盂蘭盆           盂蘭盆を用意して
施仏及僧 以報父母長養慈愛之恩 仏や僧に施して、父母の長養慈愛の恩に報いなさい。

若一切仏弟子          もし一切の仏弟子とならば
応当奉持是法          まさにこの法を奉持しなさい、と。

爾時目連比丘 四輩弟子     この時目連をはじめとする男女の出家・在家は
聞仏所説 歓喜奉行       お釈迦様の話に歓喜し奉行しました。

仏説盂蘭盆経          以上が仏説盂蘭盆経です。

↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから