up  浄土真宗

親鸞聖人

浄土真宗は親鸞(しんらん)聖人によって興されました。

親鸞聖人は承安3年(1173)日野有範の長男として生まれました。日野家は藤原一族の名門で、後に室町時代には代々将軍の妻を出す家として栄えています。(特に日野富子は有名)

しかし聖人は仏の道を志し、9歳で出家、比叡山に上って修行の日々を送ります。しかしどうしても自分は悟りの世界に到達できないと悩み、29歳の時、仏教界のいにしえの偉人・聖徳太子にすがろうと太子が建立した六角堂に100日間籠もる行をしました。

その時、聖人は有名な夢を見ます。救世観音が現れ、お前が女犯の罪を犯す時は私がお前の妻となろう。そしてお前を極楽に導こう、と告げたのです。ここで聖人は結婚して世間の中にいても往生の道はあるのだという画期的な発想を得ました。

その頃、世間では法然上人の念仏が話題になっていました。親鸞聖人もそれに関心を持ち、法然上人のところへ行って、やがて熱烈に心服することになります。しかしその後既存仏教からの圧力により法然上人は四国へ流罪。親鸞聖人もこれに連座して、越後へ流されました。しかしこの越後の地で、親鸞聖人は独自の教義と一派の確立を行うのです。

越後の地で親鸞聖人は、日本の僧としては史上初めての結婚をしました。それまでも密かに妻帯する僧は多数いたのですが、公然とそれを行ったのは親鸞聖人が初めてです。聖人はあらゆる偽善を追放し、仏の道の本質を追究しようとしたのです。

そして聖人はやがて茨城県の稲田に移って、ここで執筆活動を行うとともに、精力的な布教活動を行いました。関東地区での親鸞聖人の活動は約20年に及び、その間関東一円はもとより東北地方まで行脚をして念仏思想の普及に務めています。聖人のこの時期の活動によって生まれたのが浄土真宗の高田門徒系諸派です。

そして聖人は60歳をすぎてから京都に戻り、ここでまた布教活動に務めました。そして84歳で娘の覚信尼らにみとられて死去。その遺体を葬った廟が後に本願寺に発展することになります。

蓮如上人

親鸞聖人の廟は聖人の高弟たちの同意により、親鸞聖人の子孫が代々守っていくことになりました。これが三世覚如上人の時に本願寺という名前に改められました。しかし最初はこのお寺はたいへん貧しいお寺でした。

その小さなお寺が大発展を遂げたのが8世・蓮如上人の時です。

蓮如上人は浄土真宗の教理を非常に深く理解・研究した人で、しかも弁舌も巧みで、多くの異説を持つ者たちを論破し、地方の寺にたくさんの手紙を書いて親鸞聖人の教えを易しく解説し、更には自分の子供たち(27名)を全国に派遣して、その教えを広めました。

このため、本願寺は浄土真宗の中でも一躍中核的な存在に躍り出ることになるのです。この蓮如上人と親友であったのが宗派こそ違え、当時生き仏と言われて庶民に人気のあった一休禅師(とんちの一休として有名)でした。

蓮如上人は現在真宗の在家信者に欠かせない正信念仏偈の作成者としても知られています。

本願寺の分裂

本願寺の勢力は戦国時代大いに伸張しますが、やがて大きすぎて脅威になるとして権力者からけむたがられることになります。

そのため織田信長は本願寺に激しい弾圧を加え、多数の信者が犠牲になります。そして徳川家康は11世顕如上人の子供たちにうまく分断工作を行い、長男の教如上人の東本願寺と、三男准如上人の西本願寺に、分裂させてしまうのです。

現在、東本願寺の系列を浄土真宗大谷派、西本願寺の系列を浄土真宗本願寺派と称しています。

絶対他力・悪人正機・還相廻向

世間では一般に「他力本願」というと、よくないことのように思われています。しかし念仏において「他力」とは阿弥陀様にひたすら、おすがりするということであり、阿弥陀様への絶対的な帰依を表します。

親鸞聖人はまた「善人なをもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」(歎異抄)という悪人正機説を唱えておられます。仏の救済は、救いがたいような人をこそ救うのである、というこの思想には、全ての人が救済されるべきである、という聖人の並々ならぬ理想が表現されています。

還相廻向というのは後に浄土宗の方でも言われるようになりますが、浄土真宗の方で先行して説かれるようになったようです。これは阿弥陀様の力によって極楽に往生した人は、またこの世に生まれ変わって、今度は阿弥陀様の支援により他の人々を極楽に導くための努力をしてくれるのだという考え方です。この考え方について民俗学の方では、これが日本人が古来から持っていた祖霊信仰と調和する考え方で、浄土真宗が日本最大の宗派に成長したのは、そういう背景があったからではないか、との指摘もあるようです。

正信念仏偈にはこのように説かれています。

『帰入功徳大宝海 必獲入大会衆数 得至蓮華蔵世界 即証真如法性身 遊煩悩林現神通 入生死園示応化』

up


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから