全国66ヶ国お寺巡り99(22)但馬

←↑→
再び梅迫駅まで戻り、やってきた福知山行きに乗ります。ここで50分(^^;待 って山陰本線下り普通列車に乗り継ぎ、八鹿(ようか)で降ります。ここで 湯村温泉行きのバス(1日5本しかないので、時間調整が大変^^;)に乗り 込み、降りた所は村岡町。今日の第三の目的地はここの法雲寺です。

ここは山名氏の総菩提寺であったところで、山名氏に関する資料なども色々
眠っているようです。

山名氏は基本的には清和源氏・新田氏の傍系で、新田義重の子の義範が最初 に山名を称しました。その後山名持豊(宗全)の時には山陰地方8ヶ国を領有。
その力を背景に応仁の乱では日野富子の要請で西軍の大将となりました。

しかしその後は次第に力が衰え、やがて尼子氏の配下に下ります。尼子は例 の「艱難辛苦を与え給え」と祈った山中鹿之介の所ですね。この尼子も更に 毛利に倒され、山名はこの毛利の配下で鳥取城に入りますが、天下統一を進 める織田信長の命を受けた羽柴秀吉に簡単に降伏。これをもって山名の大名 としての歴史は終了します。

村岡町は静かでいいところです。村岡に着いたのが13時半で、寺は町中にあ るので、お参りもすぐに終わったのですが、さて。

村岡から出るための交通機関は13:49の大阪行きバスが最終。今日はもうこの 町から出るすべがありません。まだ15時前ですが、今日はこの町で泊まりです。

この静かな町で、山陰道は全て踏破しました。


←↑→



(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから