up  天台宗

伝教大師最澄

伝教大師最澄は神護景雲元年(767)近江の国に生まれました。初め近江国分寺で仏教の勉強をし、15歳で得度。19歳の時東大寺で正式の僧の資格を取ります。そしてその年延暦4年(785)、比叡山に入って修行を重ね、3年後ここにお寺を開きました。当時は比叡山寺と呼ばれましたが、後に年号を取って延暦寺と呼ばれるようになりました。

延暦23年(804)桓武天皇の命により中国に渡り、天台山に学び、また密教にも触れて帰国。その後は比叡山で僧の学習システムを確立するとともに、続いて帰国した若き僧空海に正統な評価をして重用するよう天皇に進言。更にはその自分より若い空海に弟子入りして密教を再度習うなどプライドに固執しない良き仏教者でした。

最澄が日本の仏教界の基礎の確立に努力した部分は大きく、それ故に伝教大師の諡名を贈られました。

慈覚大師円仁

天台宗の教義に関しては、伝教大師が伝えたものだけではまだ不足していました。それを補ったのが円仁です。

円仁は延暦13年(794)下野の生まれ。最澄に師事し、中国にわたって10年かけて密教の勉強をして来ました。彼によって日本天台宗の理論は確立したといえます。

慈覚大師は東国の生まれということもあり、東北地方で多くの寺を開いています。日本三大霊場のひとつ恐山、奥州藤原家で有名な平泉の中尊寺、芭蕉の「しづけさや岩にしみいる蝉の声」の句で有名な山形の立石寺(通称・山寺)など。特に立石寺には慈覚大師が埋葬されたと伝えられる洞窟もあります。

慈眼大師天海

天海は日光東照宮を作った僧として有名です。徳川家康から家光までの3代の将軍に仕えました。

比叡山で学び、甲斐武田家などにいた時代もあるようです。家康が亡くなった時、それをどのように祀るかということに関して議論になった時、比叡山ゆかりの山王一実神道で祀ることを主張。これが認められて日光東照宮が作られたのです。「日光」とは「二荒」に当て字したもので「二荒」は元々は「ふたら」。観音様のいる補陀洛浄土(ふだらくじょうど)のことでした。そして山王とは比叡山の守り神・大山咋神のことです。

天海上人の生年は定かではありませんが、かなりの長寿であったようです。若い頃隋風と名乗っていたということ以外、前半生がよく分からないことから、実は明智光秀が密かに生き延びて名前を変えたものではないか、という説まであります。

天台宗の教義

日本天台宗は大雑把に分類される時は密教に分類されていますが、実は密教の要素だけではなく、法華経の要素や禅の要素も含んでいます。故に仏教のあらゆる面を網羅した宗派であるとも言われます。実際問題として天台宗における法華経の位置は重要で、このため天台宗では法華経を重視した聖徳太子をその元祖とみなしています。

基本的には法華経をベースにして、中国天台の密教と戒、禅宗の修行体系、を加えた四宗融合の教えであるとされています。

比叡山出身の僧

比叡山は僧の養成機関のような役割を果たして来ましたので、ここ出身の有名僧は数多くいます。

中でも、臨済宗の栄西、曹洞宗の道元、浄土宗の法然やそれに先行する源信・良源、浄土真宗の親鸞、日蓮宗の日蓮、といった人たちがこの比叡山の出身です。

up


(C)copyright ffortune.net 1995-2013 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから