九字と五芒星

↑


 

九字について

九字は元は道教の呪文で、邪を粉砕し追放する極めて強力な呪法です。

その方法は幾つもありますが、最も単純なものは左記の図形を急いで空中に書くものです。この時、臨兵闘者皆陣列在前、あるいは臨兵闘者皆陣列前行と唱えます。前者が真言宗に伝わるもの、後者が天台宗に伝わるものです。

もっと正式にやる場合は、一文字唱える度に、それに対応した印を結びます。 臨 普賢三昧耶印 兵 大金剛輪印 闘 外獅子印 者 内獅子印 皆 外縛印 陣 内縛印 列 智拳印 在 日輪印 前 隠形印

この九字の意味は、臨める兵、闘う者、皆陣をはり列をつくって、前に在り。あるいは前を行く。というものです。神様の軍隊が来ているから、さっさと立ち去るようにと最後通告をしている訳です。

これが陰陽道に行くと、青龍、白虎、朱雀、玄武、勾陳、帝台、文王、三台、玉女、と唱えます。

日蓮宗にはまた幾つかのバリエーションがあります。

五芒星について

五芒星も九字と並ぶ強力な呪術図形です。陰陽道では五芒星をセーマン、九字をドーマンといい、前者は安倍晴明、後者は芦屋道満に由来するともいわれています。

五芒星は中国の五行の相剋を表すものです。これの唱え方もいくつかあるようですが、取り敢えず2通り書いておきます。

↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから