お化けの系譜

↑
お化けの系譜

 

お化け

一般にこの世のものならぬ存在で私たち人間と同等程度の立場あるいは私たちに害をもたらす存在を「お化け」と呼んでいます。これは一般に現在または過去に人間であったもので人間の形または思考を保っている存在である「幽霊」と動物・植物・器物・自然などに由来する「妖怪」とに分類されています。ただし、一般に「妖怪」と考えられているものの中にも、河童のように「お化け」ではないものもあります。

また、この世のものならぬ存在でも、神や仏のように神聖な存在は「お化け」ではありません。

柳田国男はお化けと幽霊を次のように区別しました。

もしかしたら柳田の時代の言葉の意味が現代と違うのかも知れませんが、現在の言葉の意味からすると、この柳田方式はあまりあてはまりません。

幽霊の中にも地縛霊のように、誰彼かまわず特定の場所に出るものもあります。また幽霊は必ずしも夜だけでなく昼間でも様々な霊障を与えます。

現代の言葉の感覚では基本的に幽霊というのは「過去または現在に人間である」「人間の形をしている」というのが要件といっていいでしょう。船幽霊などは過去には人間だったかも知れませんが、人間の形は消滅して霊団化しており、どちらかというと妖怪の分類に入れた方がよいと思われます。

妖怪

妖怪は日本の各種変化を指すことばで、ヨーロッパの精霊たちは一般に「妖精」と呼び分けられています。

妖精にも可愛いものと怖いものとがいますが(数的には多分怖いものの方が多い)、妖怪にも人に害をなすものだけではなく、人を守ってくれるもの、人と対等なもの、もあります。例えば次のようなものです。

この他にも、一般には怖い存在とされる山ん婆・雪女なども、人に親切にしてくれることもあるようです。水木しげる氏の「日本妖怪大全」(講談社+α文庫)には多数の妖怪が収録されていますが、その中には私の感覚では妖怪から外れるものもあります。例えば竜などはもっと超越した存在ですし、橋姫は妖怪に分類しては叱られます。もっと気高い存在です。またむしろ神様に入るものも若干含まれているようです。

水木氏は少年時代を境港で過ごし、そこでの体験と戦時中の南方での体験から妖怪の世界に深い関心を持ち、「ゲゲゲの鬼太郎」「河童の三平」などの著作を書いておられます。境港は出雲特集でも触れましたが、出雲古代文化圏の周辺部であり、幽界と縁のある地区といえるでしょう。現在境港には水木しげる氏を記念した「鬼太郎ロード」などが設置されています。

代表的な妖怪

いくつかの妖怪を取り上げてみましょう。

幽霊の分類

さて、先に妖怪の話をしたのは、こういった妖怪の類を別に分けておいて初めて幽霊の識別が効くからです。一般にはいろいろな怪異は妖怪よりも幽霊によるものの方が圧倒的に多いと考えられます。

死霊と生霊

幽霊はまず大雑把に死霊と生霊に分類できます。死霊というのはその幽霊のもととなった人が既に死んでいる場合で、生霊というのは生きている人間が飛ばしているものです。死霊はその人の時間が止まっている故にやっかいであり、生霊の場合は逆にエネルギーが豊富である故にやっかいです。

地縛霊と浮遊霊

地縛霊というのは、死霊が特定の場所に縛られていて、そこに出る場合を言います。一般には死んだ場所、あるいは特に思いの残った場所に憑きます。基本的に地縛霊はその場所に対して思い入れがありますので、そこに行けば誰にでも影響を与えます。

逆に特定の場所にはそう執念がなくどこにでも付いていく(憑いていく)ものは浮遊霊と呼ばれます。いわゆるダークスポットのような所にはこの手の浮遊霊がかなり漂っている場合があります。

ただ、あくまでもこの分類は便宜的なものであり、浮遊霊でも自分のホームポジションを持つものがありますし、地縛霊と遭遇した場合でも、そこから離れた後まで霊障が残るケースはあります。

のろい

人からひどい目にあった人が相手の人をのろうというのはよくあることです。これにはほんとにその相手の人が悪い場合と、いわゆる逆恨みの場合があります。しかしいづれにせよその人が前向きであれば、やがてそういう思いを乗り越え昇華して新たな道を切り開いていくのですが、その状態に留まっている場合、あるいはその状態のまま死んでしまった場合、その「のろい」は相手にぶつけられ続け、これが霊障として現れる場合があります。極端な場合は「七代先までのろってやる」などという言葉の通り、七代も先の子孫までそののろいが続くこともあります。

のろいは掛けられた側も大変ですが、むろん掛けた側もただでは済みません。「人をのろわば穴二つ」と言われますが、この2つの穴とは、相手の墓穴と自分の墓穴です。

色情霊

主として女性に現れる男の霊で痴漢行為を働くものをいいます。あまりよくない場所に女子校や女性専用アパートなどが建っていると、こういう色情霊の格好のターゲットとなります。男性に現れる女の色情霊もいます。西洋でインキュブス・サッキュブスと呼ばれるものも、この色情霊の一種である可能性もあります。

霊団

特定の場所や人の集団などに憑いて霊のブラックホールのような状態になっているものがあります。そこでは一つ一つの霊より、その霊の団塊が色々に作用し、新たな霊を引き付けて大きくなっていこうとする傾向があります。

幽霊ではない霊

幽霊ではない霊もあります。代表的なのは次項にあげる守護霊で、これは1段高い所からその人を守ってくれるものです。

霊に関すること

守護霊と憑依霊

守護霊と憑依霊は形的には似ていても働きはまるで逆です。守護霊(主護霊)はその人を守ったり霊的に指導している存在で、その人の祖先あるいは前世と関わりのある霊体であることが多いようです。憑依霊はその人に寄生している存在で、悪意のあるものは害をなし、悪意がなくてもエネルギーを吸い取ったりして疲れやすくなったりします。

霊感体質

霊的な感覚の発達した人というのがいます。よく幽霊を見る・感じるという段階から、人に憑いている霊が見える人、更にはそれを浄霊・除霊できる人まで、いろいろなレベルの人がいます。一般にはこういう人は電気と相性の悪い人が多いようで、電化製品をよく壊してしまうという人がいます。霊と電気は何か関わりがありそうです。

ただし、「霊が見える」と自称する人の8〜9割は思いこみ・妄想のケースが多いように思います。またもともとは正しい道を歩んでいた霊感体質の人が、誘惑に負けたり低級霊にたぶらかされたりして、変な方向に進んでしまうのもよくあるようです。

幽霊見物

幽霊のよく出る場所というのがあります。事故や空襲などで大勢人が死んだ所、その人たちを火葬した所、古い道路のトンネル、などなど。そしてそういう噂がたつとそれを「見物」に行く人たちがいるのですが、これは基本的にやめた方がいいです。そういう所に行って取り憑かれても、誰も責任は持てません。また取り憑かれなくても運気を落とすことがあります。幽霊見物に行った車が事故を起こして。。。。というのも非常によくある話です。

自殺

基本的に自殺だけはするものではありません。自殺する人は非常に辛い苦しみをかかえていて、そこから逃げたいばかりに自殺することが多いのですが、一般に自殺した霊は、その自殺した時のまま時間が完全停止していることが多いようです。結果的にその自殺に至った苦しみというのがそのあと何十年もそのまま継続することになります。つまり自殺は苦しみから逃れるものではなく苦しみをより永続的にするだけのものといえます。

理解と供養

霊に対する一番効果的な態度は理解である言われます。また供養する心がその霊の時間を進める効果があります。しかし、理解し供養することは生きている人間にとって十分負担のかかることです。どんどん供養を引き受けていたら、その内身が持たなくなります。そこで、自分の身内や親友などは別として、あまり関係のない霊にはできればそのまま引き取ってもらえる方向になんとかしたいものです。

霊能者の中には時々、人の除霊をしたものを全部自分で引き受け、そのまま全く浄化させられずにため込んでしまっている人もいるようです。そういう人はどこかで破綻が来ます。

なお、霊に対して一番いけない態度は茶化したり馬鹿にしたりすることでしょう。

そして、霊とつきあっていく上で非常に重要なことは自分を強く持つことです。つまり「元気」であれば、そう簡単に霊に負けることはありません(よほど強くたちの悪い霊でもない限り)。精神的に弱っていると霊につけ込まれます。 ↑


(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから