木の種類

↑

■葉の形による分類

 針葉樹(conifer) 針状の葉を持つ。多くは常緑樹。松・杉など。
 広葉樹 広く平らな葉を持つ。桜のような落葉樹と樫のような常緑樹がある。

■葉を落とすかどうかによる分類

 落葉樹 deciduous tree    温帯地方では冬季に葉を落とす樹木    熱帯地方では乾期に葉を落とす樹木  常緑樹 evergreen tree    年間を通して葉を失わない樹木

■背丈による分類

 高木 高さ2m以上に成長するもの。特に8m以下はは亜高木という。
 低木 成長しても高さ2m程度以内のもの。灌木とも。
    根から数本の幹を出すものが多い。

■生育気候帯による分類

 木は主として生育する気候帯により寒帯樹・温帯樹・熱帯樹に分類できる。
 ただし亜熱帯・亜寒帯をその生育地域にするものもあるから、あくまで  便宜的なものと考えた方がよい。

●いくつかの代表的な木の分類

名称 針広常落高低気候帯メモ
松(まつ)pine亜寒帯〜温帯マツ科
杉(すぎ)-高40m〜日本特産スギ科
檜(ひのき)-高30〜40日本特産ヒノキ科
ヒバ(あて,
あすなろ)
-高10〜30日本特産ヒノキ科。漢字では翌檜
白樺(しらかば)birch高20m亜寒帯カバノキ科
桜(さくら)cherry温帯バラ科。
梅(うめ)-高2〜10温帯バラ科。
杏(あんず)apricot亜高5m温帯バラ科。
李(すもも)plum亜高4m温帯バラ科。
桃(もも)peach亜高3〜4温帯バラ科。
梨(なし)pear温帯バラ科。
橘(たちばな)mandarin亜高4m日本原産柑橘類。
柿(かき)persimmon温帯カキノキ科。
桐(きり)pawlounia高10m中国原産ゴマノハグサ科。
桂(かつら)-高30m日本特産カツラ科。
楡(にれ)elm高30m〜温帯ニレ科。
榎(えのき)-高20m温帯ニレ科。
楓(かえで)maple温帯カエデ科。
栗(くり)chestnut,
marron
高10〜15温帯ブナ科。
柳(やなぎ)willow低〜高温帯ヤナギ科。
樫(かし)oak温帯ブナ科。実はドングリ。
椎(しい)pasania高25m〜温帯ブナ科。実はシイノミ(acorn)。シイタケの栽培に使う。
椿(つばき)camellia高10m温帯ツバキ科
榊(さかき)-高10m温帯ツバキ科
楠(くす)camphor
カンフル
高30m〜温帯クスノキ科。樟脳を取る。
白檀(びゃくだん)sandalwood高10m熱帯ビャクダン科。香料を取る。
黒檀(こくたん)ebony高10m熱帯カキノキ科。器具材。
紫檀(したん)rosewood高10m熱帯マメ科。器具材。珍重。
※分類に間違いがありましたらLumiまで教えて頂けますと助かります。

↑
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから