黄金週間

↑

ゴールデンウィークという言葉は一説によれば1950年代に大映社長の 永田雅一氏が使い始めたことばで、映画館の稼ぎ時として言及したものの ようです。昭和23年に新しい国民の祝日が定められた時、偶然にも、4月29日 の天皇誕生日(現みどりの日)から5月3日の憲法記念日、5月5日のこどもの日 と祝日が続き、日曜日の入り方次第では、連休になります。暦をチェックして みますと1950年代の場合、下記のような連休になっていました。

1950年→3,5,7の飛石    1955年→1,3,5の飛石 1951年→5-6の連休     1956年→5-6の連休 1952年→345の三連休    1957年→3,5の飛石 1953年→3,5の飛石     1958年→3-5の三連休 1954年→2-3の連休     1959年→3,5の飛石

(振替休日制度は1973年から、5月4日が休日になったのは1985年からです)

現在では映画館だけではなく、遊園地・各種行楽施設などでも、この時期に イベントを開催したりキャンペーンを展開したり、また各種のお祭りがこの 時期におこなわれ、それに合わせてJRなども臨時列車を運行したりして います。有給休暇と組み合わせて長期の連休にして海外旅行などに行く人も あり、お盆・お正月と並ぶ、日本の最大消費期間になっています。

今年はアメリカ・イラク戦争とSARSの影響で、航空機の利用客、特に東南 アジア方面への海外旅行客が激減しそうですが、その分、近場の温泉やテーマ パークなどへの旅行客が増えたり、その分のお金をブロードバンドなどの家庭 IT環境への投資に使う人が増える可能性もあります。

暗い世相は続いていますが、ここはみんなできるだけたくさんお金を使って 景気回復に貢献しましょう。(みんながお金を使わなければ、景気はいつまで も回復しない)


(2003-04-06)


↑ Dropped down from daily DANCE.
(C)copyright ffortune.net 1995-2016 produced by ffortune and Lumi.
お問い合わせはこちらから